横浜の外構会社からの生きた知識収集。

8月 12th, 2014 by admin_thaijobexpo

現地に行ってから、雰囲気を掴むのもいいですが、
予行練習をするのも良いと私は考えます。
行ってからオロオロするより少しでも前情報を入れておくことで、
すぐ行動に移すことが出来るからです。
日本にいながら外国にいるような環境を作るには外国人街に身を置くことがオススメ。
新大久保、横浜など外国人率も高く良い勉強になると思います。
以前に横浜の外構会社と取引をしていた際によく中華街の方に足を運び
情報収集をしたりしていました。
彼らの繋がりによる情報は、ネットで得られる知識より生きた知識が多く
実生活にすぐ活かせることも素晴らしい点だといるでしょう。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


2人の給湯器事務所は、小さい?大きい?

7月 16th, 2014 by admin_thaijobexpo

日本でも都市部に住むのと、地方の街に住むのとでは暮らしが大きく違います。
例えば、ある県で2人で切り盛りする給湯器販売の事務所があったとして、
それを東京の規模で単純変換すると、200人の事務所へ変わります。
様は、住んでいる人口の数が100倍違うのです。
極論ですが、アジアでも同じような事が言えます。
一見規模が小さい会社だとしても、その街のスケールで捉えると大きく変わるのです。
就職の際にはまず地域を調べるのも重要です。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


資格を生かした臨床心理士の知人。

6月 2nd, 2014 by admin_thaijobexpo

どこで働くにしても資格があるに越した事はないですよね。
資格があるという事はその知識を保有している証明となり、
他の人が出来ない事が出来るという事です。
知識は保有するだけでは意味はありませんから、
資格を取得したら仕事で活かすことが重要です。
知人に臨床心理士を取得し、即仕事に活かした方がいましたが、
資格取得の際にその資格をどう使うかをしっかり視野にいれて取得に励む事は大切です。
さて、私も外交関係の資格を取得に励む時期なようですよ。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


お医者さんはどこでも必要/井之頭病院の張り紙

4月 17th, 2014 by admin_thaijobexpo

どこの国、地域に行ったとしても必要とされる職業。
それはズバリ「医者」です。
仮に何かの社長だったとしてもその地域には必要ないかもしれませんが、
医者はどんな場所であっても必要不可欠な存在なのです。
医者であれば、無理をして違う国で苦労する必要はないと言われるかもしれませんが、
お金でなく苦労した分、得られる別の事もあると私は思います。
井之頭病院へ行った際に掲示板に世界の医療事情的な紙が張ってあり、
すぐに世界に通じる職業って素晴らしいなと思いました。
就職前に職業から考えるのも良いですよね。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


水道の水漏れを治せるようになっておこう

3月 3rd, 2014 by admin_thaijobexpo

ここのところ、東南アジア地域の現地採用についての質問が多いため、
方々から新しい情報を収集しています。
ここ数年で日本人の現地採用需要が高まっている地域は、ベトナムです。
ベトナムは以前から外国人就労のハードルが低めで、一定の基準を満たせば、
労働許可証の発行もスムーズということです。
一番の興味は給料や就労状況かと思いますが、
こちらはもう少し情報を集めてから記事にしようと思います。
ひとつ、現地の日本人から聞いたところによると、
ベトナムは水道トラブルが多いので、
水道の水漏れ修理ができると重宝されるということ。
習う価値はありそうだ。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


太陽光発電の見積もり価格下落で、市場は活性化。

2月 18th, 2014 by admin_thaijobexpo

東南アジア圏タイでは、十分な規模の太陽光発電市場があります。
タイでの市場の確保が出来ている事から、
今後フォリピンやインドネシアでも期待が保てるのではと市場も感心を向けています。
そこで気になってくるのが太陽光発電の見積もり価格ではないでしょうか。
タイでの市場は政府の後押しもありますが太陽光発電に掛かるコストが
ここ5年で最大60%も下落した事も一つの要因であります。
これから、進展するであろう市場を、価格の変更や政府の動向を
注目して推測するのがいいですね。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


激安ブランドコピーの価格は約1/10。

2月 4th, 2014 by admin_thaijobexpo

ビジネスでは、格好がシンボリックな役割を果たします。
例えばロレックスやオメガの時計を相手が付けていた場合、
ある程度順調な会社なのかなと推測できます。
好みの問題もありますが一つの挨拶代わりになるのです。
とはいえ、世の社長全てが儲かっている訳でなく、
かつ高級時計に魅力を感じない方も確実に存在します。
その場合は、激安ブランドコピー品が役に立ちます。
じっくり見る場合でない限り見分けがつかず、見栄を張れるでしょう。
ですが、本物でないとバレた時の信用は大きく落ちますので諸刃の剣ですね。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


日本のお土産を忘れ、雛人形を通販で。

1月 20th, 2014 by admin_thaijobexpo

現地で働く事はそんなに難しい事ではありません。
事前に地域に必要なマーケンティグ調査をしっかり行い需要にあった商売を始めればいいのです。
難しいのは、継続させる事、先進国では人との繋がりが過疎していますが、
東南アジアは村社会に近い所も多く、人間関係が商売に直結すると言っても過言ではありません。
私が実践しているは、日本に帰国した際、日本のお土産を持って帰るという事。
これは結構ウケがいい。
以前忘れたときは、無理にお願いして雛人形を通販で送ってもらった事も。
地道な手回しが息を長くする秘訣です。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


インドネシアのトイレつまりは…

12月 15th, 2013 by admin_thaijobexpo

ここで、観光地として名高いバリ島のトイレ事情について、
ご紹介しておこうと思います。ご参考までに(^^)。
いったことのないみなさんは、どんなトイレを想像しましたか?
実は日本のトイレと同じ腰かけ式の水洗トイレでした。
日本で見かけるトイレと一緒です。
インドネシア語でトイレは「カマル クチル」といい、「小さな部屋」という意味です。
ただし、トイレつまりは日本より多いので、
専用の紙以外は流せなかったり、ゴミ箱に捨てないといけないなどもあります。

Posted in 就活日記 | Comments (0)


プロミスの過払い金問題

12月 11th, 2013 by admin_thaijobexpo

知人は東南アジアに移住し、現地で働こうと考えているようで、
前々からいろいろ相談に乗っているんですが、
いよいよ来年、移住の目途がつきそうだとの嬉しい知らせが来たんです。
その知人はインドネシアで恋人が出来、結婚を前提に1年間準備を進めていたんです。
結婚式はジャカルタと日本で行うそうで、私はジャカルタの参加を希望しています。
今は準備の大詰めの用ですが、
1件プロミスの過払い金返還問題が片付いていないらしく、少々焦っているそうです。

Posted in 就活日記 | Comments (0)